温泉

トップページ › 温泉
温泉

玉名温泉の由来

玉名市の中央部を流れる繁根木川の右岸、富尾、岩崎、繁根木、立願寺の一帯は、 古くから温泉の湧出が知られていました。玉名温泉の始まりははっきりしませんが、万延2年(1861)、当時立願寺村の庄屋であった赤松市郎平が記した『疋野温泉由来記の草稿』の中に、「疋野長者が夢に現れて、昔自分が仕立てた温泉が埋まって しまっているので、それを再び掘るように告げ、村人と一緒に掘ってみると温泉が湧き出た。」ということが書かれています。
疋野長者は、18世紀に編纂された『肥後国誌』の中の「疋石野大明神由来」に登場する人物で、全国に伝わる、いわゆる「炭焼長者伝説」の主人公であり、炭焼長者伝説にお決まりの白鷺(水鳥)の説話などもミックスされた形で玉名温泉の由来として現在伝えられてきています。

玉名温泉


源泉かけ流しの湯

循環も加熱もしない源泉かけ流しの天然温泉は自然のお湯の湧出そのまま。お部屋も全室源泉かけ流しとなっておりますので、心ゆくまで玉名の湯をお愉しみください。

露天風呂

露天風呂

◆殿方…有明の湯 ◆ご婦人…不知火の湯

詳細はこちら

大浴場

大浴場

◆殿方…疋野長者の湯 ◆ご婦人…玉杵名姫の湯

詳細はこちら


打たせ湯

打たせ湯

◆殿方…有明の湯
◆ご婦人…不知火の湯

詳細はこちら

全室源泉かけ流しの湯

全室源泉かけ流しの湯

◆檜半露天風呂付客室
◆半露天風呂付客室
◆露天岩風呂付客室
◆全室かけ流し温泉

詳細はこちら

貸切露天風呂

貸切露天風呂

本館からお庭に出てアプローチを歩いたところにあります。貸切露天風呂は1つですので事前にご予約ください。

詳細はこちら


温泉のご案内
源泉名 玉名温泉(さつき別荘第2源泉)
源泉所在地 熊本県玉名市岩崎字高津原368-2
特 色 無色透明、無臭、弱塩味(分析場所:源泉)
湯上がり感さっぱりの天然温泉です。飲用も可。
泉 質 単純温泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)
効 能 神経痛リュウマチ・胃腸・外傷骨折火傷・痔・婦人病・病後回復ストレス解消・
美肌効果また、抗癌作用があるとも言われています。
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
源泉温度 50.1℃  226リットル/分 湧出
循環の状況 源泉掛け流し (加水・加温・循環はしておりません)
消毒・検査 貯水タンクに1週間に1回細菌増殖防止の塩素系消毒剤を投入しております。
レジオネラ属菌繁殖の防止状況確認のため毎年水質検査をしています。
清掃時間 大浴場・露天風呂ともに9:00~11:00まで

PAGETOP